朝食を食べましょう

短期間にどうしても何㌔痩せたいと、無理なダイエットばかりやってきて、悪い見本になりそうなダイエットでしたね。
カロリーカットをしたいから、
簡単に朝食を抜いていました。
昼食までの空腹は長くて、
我慢ギリギリでドッとお昼に食べてしまったり、
コントロールの効かないダイエットの繰り返しでした。
長い間胃の中が空っぽになっているのに、
更に朝食を抜いてしまっていたのですから、
体も脳も危機管理システムが作動してしまい、
これは危ないゾとサバイバル状態になったのですね。
今度食べ物が入って来たら取って置かないと大変だと、
ばかりに溜めこみブザーがリンリン鳴っていたのでしょう。
そうとは気付かないでもう我慢できないから、
昼食には普段より食べてしまったりしていた訳でした。
昼食分は全部脂肪となって貯蔵庫に大事に入れられて、
ダイエットとは裏腹に皮下脂肪が溜まっていってたのですね。
学習した私の朝食は和食です。
昼までのモチが良いので昼食のドカ食いはすっかりなくなり、
順調なダイエットを送れます。
時間がない時は野菜がたっぷりの雑炊にして食べました。
切り落としの鮭を一度に焼いておいて、
半身づつ小分け冷凍で朝から焼き魚も食べてました。
昼食と朝食の比率はすっかり変わり、
一日元気に動けて便秘もなくなり、
朝食は大事だとつくづく思いましいた。
ダイエットは朝食を重点に置いてこそ成功しますよ。

低カロリーな中華料理

順調なダイエット中に中華料理を食べる事になりました。
折角ダイエットをして体重の下降線をムダになんかしたくないじゃないですか!!
だから中華料理のカロリーを色々調べてから参加しました。
中華は油を使った炒め料理が多いので、
そこは一番気を付けるポイントでした。
一方で野菜を使ったものも豊富なので、
選び方ひとつでヘルシーなものもたくさんあることも知りました。
その中でも油と相性のいい茄子は、
油をメチャクチャ吸ってしまうので絶対に禁止だということも知りました。。
ピーマンや白菜は油を吸い込む事もあまりないので、
カロリーアップのない安心メニューだということもしっかり頭に入れ込みました。
フカヒレはお肌に良さそうな成分が入っているようだし、
低カロリーなのでこれは安心して食べられる食材の1つだということも分かりました。。
女性には嬉しい鉄分豊富なレバニラ炒めも普段取りにくい成分なので、
積極的に食べておきたいと思いました。
貝類も忘れないで食べたいし……。
気を付けないとちょっとずつのつもりでも総量はかなりの物となりますよね。
そして、ついつい手を出したくなるのが点心ですよね。
これはどれもカロリーは高いのでうっかり食べられませんよ。
点心の中でエビを使った餃子やシュウマイは、
豚ひき肉を使ってないものなので低カロリーです。
お食事中にも中華の時は、
脂っぽさを流してくれるウーロン茶や中国茶はたっぷり飲んで、
体外に油をなるべく排出することが必須となります。
中華料理ではちょっと気を付けることで、
栄養満点でダイエット中でも食べられるものも結構あるようです。